地盤にこだわる(旭川近郊の工務店ならミヤザキホーム)

先代

 

弊社創業者になる先々代宮崎 忠一

たびたび現場にやって来ては、こう叱咤激励しました。
「家は足もとになる基礎が一番大事だから、

基礎には手間とお金を惜しむな!もちろん骨組になる柱も、だぞ!」
家は出来上がってしまえば、基礎や構造はなかなか見えにくい部分です。

しかし、長きにわたって家を維持するためには、

もっとも大切でもっとも手を抜いてはいけない部分なのです。

 

見えないところにこだわっていく

――それは弊社がその後歴史をつないでいく、

まさに「基礎・土台」の考えとなりました。

 

s-2014-12-01 13.32.53

まずは、100%地盤調査行います。

ミヤザキホームの地盤調査は家の四隅と中心点の合計5ポイントにて、スウェーデン式サウンディング試験機を用いて、厳密に行われます。

地中にロッドを貫入させ、回転数や音、振動などで地中を構成しているデータを収集。
貫入抵抗から、地盤の強度や地層を判定していきます。

それでも建築後20年間で
万が一地盤沈下が起きた時は最大5,000万円の保証が付きます。

(過去にはありませんが・・・)

ss

もし調査により地盤の補強が必要と判断された場合には

ミヤザキホームではコンクリート杭ではなく、ハイスピード工法をいう天然砕石パイル工法を採用しております。

image_1

ハイスピード工法メリット

地震時の衝撃に強い

環境貢献工法

参拝費用が発生しない

リユースで地球に貢献

液状化対策工法

最大5,000万円の地盤保証

無公害工法

また、ミヤザキホームは基礎にもこだわりをもっています。

ベース下の砂利地業 厚さ20センチが通常ですが

ミヤザキホームはベース下 30センチ厚で砂利地業を行っております。

b0001682_838189

 

証拠写真

tigyou

どんなに立派な家でも
地盤が弱ければ、砂上の楼閣です。

ミヤザキホームは地盤にもこだわります。