床下暖房にこだわる(旭川近郊の工務店ならミヤザキホーム)

yukasita

頭寒足熱

人間にとって快適な温度は、頭部が22℃程度、足元が26℃程度と言われている。

床下暖房は、床下から出る輻射熱と遠赤外線効果で温度ムラのない
「頭寒足熱」の快適な住空間を実現します。
玄関でも、リビングでも、洗面室でもほとんど温度ムラのないので、ヒートショック減少の
予防にもなります。

 

当社お客様の言葉では、
無垢材の床暖房は本当になんとも言えない位
気持ちのいいもの
だと仰っていただけました。

 

ミヤザキホームでは、
温水式床下暖房をベーシック仕様から標準仕様で採用しております。

 

床下暖房のメリット

人間にとって快適な空間の実現

輻射熱による暖かさなので、温風暖房(エアコン暖房など)のような不快感がない

基礎断熱との併用で大きなコストUPにならずに床下暖房を実現できる

上下、家中の温度差が少ない

室内の乾燥が少ない

暖房機器が室内にないので、広く感じる

温水式パネルヒーター暖房と光熱費は同程度

回路分けが出来るので、部屋によって温度の変更が可能

 

床下暖房のデメリット

急に温度変更はできません(立ち上がりに時間がかかります。基本24時間運転)

温度設定に慣れが必要

 

温水式床下暖房のシステム紹介

基礎断熱を行った床下空間は基本室内と同じ空間です。

 

そこに、温水パイピングを行って、床下放熱器を併用して
床下暖房を実現します。

s-2011-10-14 14.54.35

f229649f

 

窓下ガラリ

main2-5

普通の床暖房では、無垢のフローリングは乾燥して隙間が出来るのでご法度です。

 

ミヤザキホームでは、オプションになりますが
床下暖房用無垢フローリング(ナラ、カバ、プラックウォールナット)を用意してります。

skitch

 

熱源は3つから選べます。(灯油エコフィールボイラーが標準になります)

skitch

 

最後に床下暖房と床暖房の違いを説明します。

 

床を直接温める床暖房と床下から温かい空気を循環させる床下暖房の一番の違いは
床面の温度です。

 

室内温度はどちらも変わりませんが
床暖房の床面温度は通常25℃~30℃にしなければ、快適な室温になりません。
床下暖房は床面を21℃~22℃で快適な室温になります。

つまり床暖房では、床面が熱すぎるのです。