インタビュー07 東神楽町飯岡様(旭川近郊の工務店ならミヤザキホーム)

■飯岡様  

i1設定予算をオーバーしないために、 土地選びから住宅ローンのことまで いろいろと相談できました。

 

ミヤザキホーム
家を建てようと思ったきっかけを教えてください。
飯岡様
2人子どもがいますが、これからどんどん成長するし、いつかマイホームを持ちたいと考えるようになりました。そこでローコスト住宅を建てているハウスメーカーのチラシを見て、この金額なら毎月家賃を支払うよりもお得なんじゃないかと思い、展示場を見にいきました。建売り住宅なのでアレンジはできないけれど、とにかく安いんです。 でもそのハウスメーカーのチラシを見ると、住宅ローンの金利が3年固定と本当に見えないくらい小さく書いてあって心配になりました。3年間は安いと思うかもしれないけれど、3年以降に急に金利が上がったら、ちゃんと住宅ローンを返済していけるのだとうかと。そこでミヤザキホームさんに相談したんです。
ミヤザキホーム
つまり一番の懸念は予算だったということですね。
飯岡様
そうです。むしろ自分たちが想定した予算内で、いかにマイホームを手に入れるかが一番の悩みでした。そこで最初に展示場に見学に行ったハウスメーカーと同じくらいの予算で同等の家ができるのかと聞いてみました。同等の家ならうちでもできると言ってもらえたので、ならば任せてみようと決断しました。 やはり住宅ローンのことが気になっていたので相談すると、ミヤザキホームさんから長期固定金利の住宅ローン「フラット35」を教えてもらいました。詳しく話を聞いたら、ずっと固定のほうが安心だと思えて、「フラット35」で住宅ローンを組むことにしたんです。

iii-1

ミヤザキホーム
家造りでこだわった点はありますか。
飯岡様
一生に一度のマイホームだから、もちろん夢はいくつかありましたが、とにかく予算重視。これから2人の子どもが大きくなっていくので、できるだけ予算を守り、負担にならない住宅ローンを組むことを大事にしました。予算内に納まって、駐車場スペースが十分確保されていることと、少し庭があればいいなと思ったくらいですね。でもカタログを見ていると、やはり高い建材は良く見えるから、もう少し予算があれば工夫したい点はたくさんありました。 それでも妻は少ない予算の中でもミヤザキホームさんと相談して、室内照明などにこだわっていましたよ。壁に埋め込まれているおしゃれな照明を使ったりしているので、低予算のわりには安っぽい家という印象を与えませんね。

ii-1

ミヤザキホーム
完成した家を見て、満足されましたか。
飯岡様
最初に見学に行ったローコスト住宅の家と比較しても、ミヤザキホームさんの家のほうが格段にいいと思いました。 建物だけでなく、土地探しもミヤザキホームさんにお願いしたのですが、私の設定予算だと長方形の使いにくい形をした土地しか見つからないだろうと思っていたので、今の土地を手に入れるためにアドバイスをもらえて助かりました。 完成して1年以上が過ぎましたが、特に使いにくさを感じることもありません。これから時間を見つけて、子どもたちと一緒に庭を整備していきたいと考えています。