miyalogo

 

 

otoi1

インタビュー08 旭川市山田様(旭川近郊の工務店ならミヤザキホーム)

■山田様  

y2地元在住者でなくても、 ブログなので進捗状況を確認でき 安心して任せられました  

ミヤザキホーム
家を建てようと思ったきっかけを教えてください。
山田様
子どもが小学校に入学することをきっかけに、私と妻の故郷である旭川に家を建てることを決意しました。現在は、私が単身赴任で大阪に暮らし、妻と2人の子どもが新居で生活しています。
ミヤザキホーム
ミヤザキホームに依頼した決め手は何でしょうか。
山田様
私の小学校からの友人家族が基礎屋を営んでいます。その基礎屋と関わりのある工務店で良心的なところはないかと探していました。大手のハウスメーカーの展示場に出掛けたりもしたのですが、相談したその日に「1週間以内にお返事をください」なんて言われて、そんなに簡単に決められないと抵抗感を持ってしまいました。そこでミヤザキホームに問い合わせたら、宮崎社長の印象が良くてお願いしようという気持ちになりました。 最初は地元の小さな工務店に依頼して大丈夫なのかと不安もありましたが、宮崎社長って良い意味で本当にのんびりしている。猛烈に売り込んでこないし、ホームページやブログでスタッフさんの顔写真なども紹介されていて安心できました。
ミヤザキホーム
家造りが進む中で、苦労したことや不安だったことは?
山田様

  yyy-1家だけでなく土地探しから住宅ローンの選び方まですべてミヤザキホームにお願いしたので、限られた打ち合わせの中で、いろいろなことを相談しながら同時進行させていきましたが、着工から完成までは現場を見ることができませんでした。 両親や親戚や現場を訪ねては報告してくれましたし、宮崎社長が気を使ってくださったのか、進捗状況をブログに写真付きでアップしてくださったので、不安を感じることはなく完成まで進めたと感謝しています。

ミヤザキホーム
家造りでこだわった点はありますか。
山田様
こだわったのは大きく2点です。 今まで私たち家族は大阪で賃貸アパートに暮らしていたので、とにかく広い家に住みたいと願っていました。宮崎社長には「とにかく広く」と何度もお願いしたので設計上の工夫をしてくださったのだと思いますが、完成した家は図面から想像していた以上に広く、特にトイレが1畳半くらいの大きさだったことに相当驚きました(笑)。 もうひとつは断熱です。私の単身赴任生活は今後も続き、旭川に腰を据えて生活できるようになるのは定年後かもしれません。だからこそ60、70と高齢になったときに暖かい家で暮らしたかった。ミヤザキホームのホームページに暖かい家にするために断熱性にも配慮していることが書かれています。標準仕様でも暖かいのに、断熱材を2倍にするなどして断熱性を強化しました。旭川という寒い地域だからこそ、断熱性をあきらめたくなかったです。
ミヤザキホーム
これから家づくりを始める方へ、アドバイスがあればお願いします。
山田様
yy-1私は見学会に参加できませんでしたが、実際にミヤザキホームで建てられた家を見たほうが間取りや細かい造りまでイメージしやすかっただろうなと思いました。私はエンジニアという仕事柄、細かい図面などは見慣れているので完成した家にギャップは感じなかったものの、図面を見慣れている人のほうが少ないと思うので、やはり実物を見たほうが希望を反映しやすいし安心できるはずです。 見学会が開催されていることを私も最初は知りませんでした。旭川に在住していないからかもしれませんが、事前に知っていれば参加していたと思います。アピールが弱いのか残念です。これから家づくりを始めたい多くの人にどんどん告知して、ミヤザキホームの良さを知ってほしい。宮崎社長の人柄なども見学会に行けばわかると思うので。