床下暖房工事(旭川近郊の工務店ならミヤザキホーム)

 |  |  | 0

やっと春の気持ちいい天候になってきましたね!

汗っかきの三代目です。

さて、昨日基礎工事が終了して、早速床下の暖房工事が始まります。

今回から初採用の遮熱シートをコンクリートに貼っているところです。

s-2016-04-21 09.50.25

99%熱を反射してくれる素晴らしいものです。

ですので設備屋さん

太陽熱の反射で汗だくです。

遮熱シートは通気性のあるものを使っているので、コンクリートの水分もきちんと蒸発してくれます。

貼り上がるとこんな感じ

s-2016-04-21 10.31.18

私も上がりましたが

太陽熱を反射して、相当に暑いです!

が 狙い通りです。

その上に今度は架橋ポリエチレン管を布設していきます。

s-2016-04-21 13.11.33

今までは管をコンクリートに埋設しておりましたが

それだと、コンクリートの下に断熱材を敷いても

地中に熱のロスがあることが解りましたので

今回から、コンクリートの上に管をもってきました。

それをより効率化するための遮熱シートです。

s-2016-04-21 13.18.11

これだとコンクリートに管を埋め込まないので

将来的な管のメンテナンスも床下で対応できます。(架橋ポリエチレン管の寿命は30年以上)

 

いわゆる床下暖房工法ですが基礎断熱工法との相性が抜群です。

それに遮熱シートを取り入れた方法はまだどこも行ってないはずです!

弊社でも遮熱シートを貼らない建物でもこの方式で十分温かいことを

実際のお客様の家で確認しております。

どれ位の光熱費を含めた数値が出るのか今から楽しみです。

 

この家は2階も部屋に一切暖房機器のない家にしましたので

 

どうぞお楽しみに!